アルコン ファーマでは、多くのかたに当社ホームページをご利用いただけるよう、アクセシビリティに配慮したホームページをご用意しております。このサイトは加齢黄斑変性の情報サイト「加齢黄斑ドットコム」です。ページ内を移動するためのショートカット

病気について

加齢黄斑変性ってなに?

症状

加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)になると、見たいところが見えない、読みたい文字が読めないなど、日常生活に支障をきたします。また、その症状は進行していきます。

  • ゆがんで見える
  • 中心が暗く見える
  • ぼやけて見える
  • 不鮮明になる
新聞が読みづらそうにしている男性のイメージイラスト

症状は中央部以外は見えている状態で、全く光を失ってしまうことはありません。症状が片方の眼から現れることが多いため気づきにくく、また気づいても年齢のせいにしてそのままにしていることも少なくありません。

加齢黄斑変性の見え方例

ゆがんで見える
東京タワー

東京タワーの写真(正常な状態)

正常な状態

東京タワーの写真(中心が歪んで見える状態)

中心がゆがんでみえる状態

中心が暗く見える
料理をする手元

料理をする手元の写真(正常な状態)

正常な状態

料理をする手元の写真(中心が暗く見える状態)

中心が暗く見える状態

ぼやけて見える
新聞紙

新聞紙の写真(正常な状態)

正常な状態

新聞紙の写真(中心がぼやけて見える状態)

中心がぼやけて見える状態

朝日新聞 2010年12月2日付 1面
朝日新聞社の許諾を得て転載しています。無断転載を禁じます。

不鮮明になる
信号機

信号機の写真(正常な状態)

正常な状態

信号機の写真(中心が不鮮明に見える状態)

中心が不鮮明に見える状態

監修:北野病院 病院長 吉村長久先生

サイトマップ

加齢黄斑変性症という目の病気について、「病気のしくみ」、「種類」、「なりやすい人」、「症状」など、皆様が気になる情報をご紹介します。また、「患者さんとご家族のための情報ページ」では、医師の方からの「病気への向き合い方」や「患者さんの体験談」、日常のくらしに役立つさまざまなアイデアをご紹介しています。