ノバルティスファーマでは、多くのかたに当社ホームページをご利用いただけるよう、アクセシビリティに配慮したホームページをご用意しております。このサイトは加齢黄斑変性の情報サイト「加齢黄斑ドットコム」です。ページ内を移動するためのショートカット

病気について

加齢黄斑変性ってなに?

疫学:日本人と加齢黄斑変性

加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)は、年をとるとともに黄斑の働きに異常が起こり、視力が低下する疾患です。日本人に多いタイプでは、脈絡膜(みゃくらくまく)から発生する良くない血管(脈絡膜新生血管:みゃくらくまくしんせいけっかん)が原因で発症します。日本では視覚障害者手帳の交付原因疾患の第4位であり、高齢者の失明原因のひとつです。

視覚障害者手帳交付の原因疾患
第1位 緑内障
第2位 糖尿病網膜症
第3位 網膜色素変性
第4位 黄斑変性症
第5位 高度近視

網膜脈絡膜・視神経萎縮症に関する研究. 平成17年度総括・分担研究・報告書42.わが国における視覚障害の現状より

脈絡膜新生血管とは?
網膜に栄養を送っている脈絡膜から伸びる、良くない新しい血管のことです。この血管ができると網膜に障害が起こり、視力が低下します。

*加齢黄斑変性における失明は「社会的失明」と呼ばれ、中心の視力障害をきたすものの、光を全く感じられなくなるわけではありません。

監修:京都大学大学院医学研究科眼科学 教授 吉村長久

サイトマップ

加齢黄斑変性症という目の病気について、「病気のしくみ」、「種類」、「なりやすい人」、「症状」など、皆様が気になる情報をご紹介します。また、「患者さんとご家族のための情報ページ」では、医師の方からの「病気への向き合い方」や「患者さんの体験談」、日常のくらしに役立つさまざまなアイデアをご紹介しています。