アルコン ファーマでは、多くのかたに当社ホームページをご利用いただけるよう、アクセシビリティに配慮したホームページをご用意しております。このサイトは加齢黄斑変性の情報サイト「加齢黄斑ドットコム」です。ページ内を移動するためのショートカット

病気について

加齢黄斑変性ってなに?

加齢黄斑変性の種類

加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)は、眼の網膜にある「黄斑(おうはん)」という部分の機能が、加齢等の原因によって障害される病気です。高齢者の失明※1原因となる病気の一つで、近年増加する傾向にあります。

脈絡膜(みゃくらくまく)から発生する新生血管(脈絡膜新生血管)の有無で「滲出型(しんしゅつがた)」と「萎縮型(いしゅくがた)」に分類されます。

加齢黄斑(かれいおうはん)変性の説明画像

「滲出型」加齢黄斑変性と「萎縮型」加齢黄斑変性には、下表のような違いがあります。

日本人に多いのは滲出型の加齢黄斑変性です。治療法があるのも滲出型です。本サイトでは滲出型加齢黄斑変性について記載しています。

  滲出型
(「新生血管型」「ウェットタイプ」
とも呼ばれる)
萎縮型
(「非滲出型」「ドライタイプ」
とも呼ばれる)
眼の中の
変化
  • 網膜色素上皮の細胞内に溜まった老廃物を吸収しようとして、脈絡膜から血管が伸びてくる(脈絡膜新生血管といいます)
  • 脈絡膜新生血管は破れて出血したり、血液中の成分が漏れ出たりしやすいので、その水分が組織内に溜まって、網膜を押し上げる
  • 網膜の細胞が加齢により変性し、老廃物が溜まって栄養不足に陥り、その結果網膜色素上皮が萎縮する
  • 脈絡膜新生血管は発生しない
患者さんの
割合
  • 50歳以上の1.2%が発症※2
  • 50歳以上の0.1%が発症※2
病気が進む速さ
  • 速い
  • ゆっくり
病気の経過
  • 治療せずにいると、視力の低下、見え方の異常(ゆがみ、中心暗点、コントラスト低下など)が急速に進む。失明※1することもある
  • 視野の中心部の視力が少しずつ低下する
  • 時間の経過とともに新生血管が発生し、滲出型になることもあるので、定期的に眼科医で検査を受ける必要がある

※1) 加齢黄斑変性における失明は「社会的失明」と呼ばれ、中心の視力障害をきたすものの、光を全く感じられなくなるわけではありません。

※2) 安田美穂、あたらしい眼科 26 (1) 25-30, 2009

監修:北野病院 病院長 吉村長久先生

サイトマップ

加齢黄斑変性症という目の病気について、「病気のしくみ」、「種類」、「なりやすい人」、「症状」など、皆様が気になる情報をご紹介します。また、「患者さんとご家族のための情報ページ」では、医師の方からの「病気への向き合い方」や「患者さんの体験談」、日常のくらしに役立つさまざまなアイデアをご紹介しています。