ノバルティスファーマでは、多くのかたに当社ホームページをご利用いただけるよう、アクセシビリティに配慮したホームページをご用意しております。このサイトは加齢黄斑変性の情報サイト「加齢黄斑ドットコム」です。ページ内を移動するためのショートカット

検査について

加齢黄斑変性の検査方法

視力検査

視力表を用いて測定します。
眼鏡などを使わずに測定し(裸眼視力といいます)、基準となる視力が得られない場合は、検査用の眼鏡を用いて、最大の視力(矯正視力といいます)が出るまでレンズを替えて調べます。

ランドルト環写真(視力検査表)

視力の基準例

自動車運転免許の取得/更新
  • 普通免許の視力の基準は、両眼で0.7以上、かつ片眼がそれぞれ0.3以上です
  • 片眼が0.3に満たない場合は、反対の眼の視力が0.7以上、視野が左右150度以上必要です
読書
  • 視力が0.5以下の場合、本や新聞の文字を読むことが難しくなるため、「拡大鏡」や「拡大読書器」という特別な機器の使用が考慮されます

※ 1)阿曽沼早苗:ロービジョンケア.大鹿哲郎・大橋裕一総編集.専門医のための眼科診療クオリファイ4 加齢黄斑変性:診断と治療の最先端.東京:中山書店;2011.p.176-181

監修:京都大学大学院医学研究科眼科学 教授 吉村長久

サイトマップ

加齢黄斑変性症という目の病気について、「病気のしくみ」、「種類」、「なりやすい人」、「症状」など、皆様が気になる情報をご紹介します。また、「患者さんとご家族のための情報ページ」では、医師の方からの「病気への向き合い方」や「患者さんの体験談」、日常のくらしに役立つさまざまなアイデアをご紹介しています。