病気と上手につきあうために

病気への向き合い方

加齢黄斑変性は、放っておくと症状が進行したり、再発したりする病気です。 また、一度発症してしまうと、治療を行っても眼の状態を完全に元に戻すことはできません。

したがって、患者さんは病気と長くつきあっていかなければなりません。 ここでは、加齢黄斑変性と上手につきあっていくための心得、コツなどを専門医の方々に伺いましたので、参考になさってください。